日日のきれはし。

<   2009年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧




1人→2人。

ここ数年風邪らしい風邪をひいたことがない。昔は一年に一度は必ず咳こみまくる時期があったし、人並みに熱出して寝込んでいたのに。わたしの場合、喉から来るので、わずかな違和感でも来た!と思ったらまず喉のケアをしまくって食い止める。うがい、首の保温、熱い飲み物(生姜入り紅茶とかココア)、マスク、のど飴。これで大抵治る。軽く見てほっといて長引かせるのが一番良くない。ということに最近ようやく気づいた。
健康診断も今年度は行けなかったけど、来年度はちゃんと行こう・・・。

そういうわけでもうすぐ3月。
稽古は・・・ダンサー岩崎が暴走しまくりこれおぐらふぁ岩崎が収拾つけられないという困った状態です。考えてみたらいつもそういうパターンなんだよね。しかも今まではそういう区別すらできてなくって、大混乱だった。2人(1人だけど)に分けると、なんかすっきりするので不思議。
[PR]



by kuukazoo | 2009-02-26 22:42 | 日日。

踊り方を思い出す。

妙になまあったかい一日。春の匂いを強く感じた。って、もうとっくに春ではある。なんかつまらないなあ。まだ冬でいいのになあ。

ここ数日の稽古というのは、自分の踊り方を思い出す、というか、過去も含めて今の踊りをつくっていくみたいな感じだった。どうしたら踊れるのか、踊り続けていけるのか、みたいなことを探っているような。なんか作品をつくるとかそういうこと以前に、そういう自分にとってのダンスを模索する時間がどうしても必要になってしまう。
人に見せるものをつくらねばならないのに、そんなことやってる暇なんかないはずなのに、そこを通らなければ踊るということさえ難しいなんて、やばいんじゃないのって気がする。
[PR]



by kuukazoo | 2009-02-22 23:44 | dance

レッスン。

2月は短い。
あと1週間で3月なんて、信じられない。
そんなわけで焦って稽古を詰め込んだせいで、CIFJ(コンタクトインプロフェスティバルジャパン)のWSに全然参加できなかった。
あ〜あ、今年こそは参加したかったのにな・・・というか、ここ2、3年CIに向き合う機会をことごとく逸していて、CI欲が不満なんですわ。JamやWSもあるにはあるけど、ちょっと遠くてモチベーションが届かない。距離と時間を超えるだけのモチベーション。

昔は、レッスンとかに行かないと踊れないと思っていた。
踊ることとレッスンやクラスに行くことが等価になっていた。
でも、出産して仕事に復帰して、レッスンに行く時間が取れなくなった時に、踊り続けていくためにどうしようと考えた結果、作品をつくることに行き着いた。
もちろん、そう簡単にうまくいくわけがなく、自分が踊りたい踊りを踊るためにトレーニングが必要ってのは痛感したんだけど、自分に合ったトレーニングというのになかなか出会えなかった。合った、っていうより、効果的な、というべきか。楽過ぎてもきつ過ぎても駄目なんだろう。それでは体は変わっていかない。

今はレッスンらしいレッスンは週1くらいだけど、そのトレーニングはわたしの体にとってはとても効果的なので、それを自分の稽古の時間にも取り入れている。家でもやっている。先生のダンスとわたしのダンスは全く違うけれど、体づくりにはすごく役立っている。
こういうレッスンはなかなかないと思う。

自分の体づくりとか体についての考え方とか、そういうこともダンスに出てくるなあという気がする。とはいえ、あくまでもメソッドだから、そのままダンスにはならないんだけど。
[PR]



by kuukazoo | 2009-02-22 00:47 | dance

ヴァレンタイン余波。

ヴァレンタインデイのおかげで我が家にも豊富にチョコレートが到来し、普段あまり甘いものに接する機会のない我々は惜しみなく味わい尽くしました。夫くんが仕事先でいただいた義理チョコとか、中2女子の手作りチョコの失敗作とか、わたくしはもらってもいなければさしあげてもいないのに、ありがたいことでございます。中2女子はもっぱら女の子友達の間でやりとりしているようで、わたしの中学生時代に比べたらなんてマメなんだ!と驚くばかりですが、ここ連日あまりにもチョコを食べ過ぎたせいかにきびがいっぱいできてます。一応指摘したけど、さほど気にする気配も見えず・・・色気より食い気なのか・・・LOVEの欠片もありませぬ。

それにしても逆チョコとか、すっかり、チョコだけの日になってしまったヴァレンタインデイ。
My Bloody Valentineには敬意を表しておきました、一応。
You make me realize.
[PR]



by kuukazoo | 2009-02-20 08:05 | 日日。

癒し本。

週末は春を通り越すくらいのぬくさで、メダカ池の皆さんもひさびさに上へあがってきてました。こないだ覗いた時は池の底に積もった枯れ葉の下でじっとしてたのですが。ほとんど自然の状態というか放置というか、餌も全くあげてない!にもかかわらず、生きてます。今朝はさすがに気温が低くて、遠くからは姿は見えず。初めての冬を無事乗り切っておくれ〜。

さて頭皮。
ではなく逃避。
庄野潤三さんの本にはまっています。
こういう世界に癒されているのは、歳をとったってことなのか〜!?と思ったり。
[PR]



by kuukazoo | 2009-02-17 20:52 | 日日。

公演告知。

中野のライブスペース・スペシャルカラーズ(SPC)にてソロを踊ります。
すごい皆さまに混じって、さあどうしましょうイワサキさん!?って感じですが、やるしかないのできゅきゅっと腹くくってがんばる所存です。
ちょっとありえない顔ぶれなんで、ひとつよろしく。

「ダンス馬鹿!vol.6」
〜spc発 ダンス作品オムニバス公演第6弾!!〜

■日時
3/14土曜日19:30 |3/15日曜日18:00  ※開場は各日30分前

■出演者
3/14(土)19:30
●岩崎 一恵
●KDANCE
●Abe "M" ARIA

3/15(日)18:00
●万城目純
●亞弥
●菅尾なぎさ

■チケット料金
前売り2000円+1drink/当日2300円+1drink
両日来場の場合は、2日目500円割引。

■場所
西武線「新井薬師」徒歩3分
JR中央線「中野」徒歩13分
[住所] 中野区新井5-9-1 アーバンハイム津島B1
整体院の地下1階です
http://specialcolors.jp/access/

予約・問い合わせは
produce@artena.jp
か、岩崎一恵までお気軽に。メールでもこの記事にコメントでも承ります。
[PR]



by kuukazoo | 2009-02-14 19:30 | dance

稽古再開。

そろそろ3月の公演のために準備せねばならんので、先週の土曜日からひとり稽古を再開。作品は去年の11月に踊ったのを下敷きにするつもりではいるが、どうなるかはまだ全く見えてない。前回とは空間が全く違うので、相当作り直すことになるとは思う。あと1ヶ月しかないので、ぢつはかなり焦っている。公演はわたしを入れて3組で、それぞれソロをやる予定なのだが、わたし以外はすんごいお二人なので、それだけでもうどうしましょうって感じ・・・いやいや、又とない、良い機会と思わねば。

今年からアップのメニューをかなり変えたので、きついったらない。仕事帰りに稽古だと、アップだけですでに疲れてしまっている。でも、わたしの場合、そのくらいの方が余計な力が抜けていいのかもしれない。自分の稽古だからって体を甘やかしても意味ないし。でも、昨日は稽古して帰ってきて早々、床に転がったまましばらく起き上がれず。

自分の予想を体が思いきり裏切るような、そういう発見を1つでも多く重ねたいと思う。
[PR]



by kuukazoo | 2009-02-11 18:33 | dance

カナリアに憧れる蚊。

2日続けて事故やら故障やらで電車のダイヤが乱れている。昨日は2分前にタイムカード打刻とぎりぎりに滑り込み。まあ遅延証明もらってるからそんなに焦らなくてもいいんだけど、そういう日々のありふれた綱渡りに「勝った」と内心ガッツポーズしてしまうわたしって一体。
今日は風が強かったのでちょっと早めに駅に向かったことが幸いした。いつもと違う電車で、いつもと違う風景の中を行くのは、素直に楽しい。

全然関係ないけど、去年11月に踊ったDSの写真と映像ができてきたので、恐る恐る見てみたが、踊りより先に自分があまりにも痩せていることにショックを受けた。6月とか8月とか9月に踊った時はもう少しお肉がついてたはず。11月のは骨と皮、とまではいかないにしても骨と筋、という感じ。こんな体で踊っていたなんて全く気がつかなかった。うちには体重計もないので、今何kgあるのかもわからない。
ダンサーは痩せぎすよりも適度にお肉がついてた方が力学的に見ても美しいと思う。ジャズを踊ってた頃もかっこいいダンサーは、みんなナイスバディだった。その辺にはずっとコンプレックスを抱いていたけど、いつの間にかそんなことは忘れていた。
しかし現在、ジャズをやってた頃より明らかに痩せている。今更コンプレックスは感じないが、こういう悲惨な体型で踊ってることにいささか困惑というかすみませんと言いたくなるというか。11月の作品は「人間離れしてる」「虫系」「ロボ」などの感想をいただいたけど、それは多分に体型のせいもあったのかもしれないなあ。でも、数年前には「カナリアに憧れる蚊」ってのもあった。今に限ったことじゃないのかも。
どうしたものか、と思ってもどうしようもない。踊るにあたって、女らしい要素はすでにどこかに捨ててしまったようだし。
これからはなるべく厚着して踊ろうか。
[PR]



by kuukazoo | 2009-02-06 17:55 | dance

WS&公演終了。

あっという間に2月。気づけば立春。
2月は早い早い。あっという間に逃げてしまう。WSと公演が終わったとたんに眠気がどっと押し寄せて、この2日間はずるずると寝ていました。たいしたことしてたわけじゃないのにな。ただ、WSとかリハとか入ると、後ろめたさからの反動か、ごはんだけはきっちり作らねば!とか1時間で掃除しなければ!とかいう変な主婦スイッチがONになってしまう今日この頃。疲れたのはそのせいかもしれない。
でも、グループのインプロパフォーマンスにこれだけ集中して取り組める機会なんてそうそうないし、すごく勉強になったし、これからに生かせると思う。参加してよかった。真喜子さんはじめ今回ご一緒した方々には本当に感謝です。ありがとうございました。

今回はグループで、即興で、その場その瞬間に振付、構成していくやり方を学んだのだけど、もちろんこれはいろいろあるうちの1つのやり方でしかないし、そんな即興なんてつまらないと思う人もたくさんいるだろう。また、そういう即興「作品」と時間をかけて創られた作品とを比べて優劣が云々されることも往々にしてある。
難しいけれど、即興だろうと振付と構成があるくらいにクリアに踊りたいし、振付で踊る時だって、即興のような選択の新鮮さやぎりぎりさがなくちゃ面白くない。
って、ずっと思ってるんだけどいまだにできてるとは言えない・・・
今、大事だと思っているのは、「今」に埋没し過ぎないこと。ほんのちょっとの過去と未来も含めて踊ること。
[PR]



by kuukazoo | 2009-02-05 01:11 | dance

猫よけのペットボトルの輪郭でたたずむ水に映るいちにち あるいは岩崎一恵のダンスって何?な今日この頃。写真:松本和幸
by kuukazoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

リンク。

備忘録的twitter
たんなるメモと断片のコレクション
直ダンス!『春の燈』
2008年4月12・13日東中野RAFTにて
セラピストががんになったーカラダ・ココロ・タマシイを巡る旅ー
病というギフトを得たダンスセラピストの体験記録

ライフログ

ときどきの本たち。

ファン

ブログジャンル

画像一覧