日日のきれはし。

<   2009年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧




ともかく、おどります。

今年もメダカ産卵の季節となった。GWにホームセンターで買って池に放り込んでおいたホテイアオイを見てみたら、いくつか卵が産みつけられていた。稚魚1匹発見。去年は卵を採取してバケツでメダカ保育園を作った(メダカは卵や稚魚を食べてしまうため)のだが、あまり意味がないので(そんなことしなくても夏に池は稚魚であふれかえった。しかし夏にあれだけいた稚魚のうち冬を越したのはごくわずかであったことを考えると、個体数を増やすには多少大きくなるまで別環境で育てた方がいいのだろうかとは思う)今年は繁殖に関しては全て自然の摂理に委ねる方針(つまり放置)。でもさすがに多少池の掃除はした。っても、枯れ葉や枯れ水草やどろどろの緑の藻を取り除いた程度。今年も夏は浮き草だらけになってしまうのだろうか…
最近、ご近所の猫の顔触れが変わっている。どいつもこいつもまるまる太って態度でかいったらありゃしない。幸子さんもめったに見かけなくなってしまった。

さて、メダカや猫のことはともかく、おどります。
これまでソロを踊らせていただいたダンスシード@千駄木brick-oneにて、
今回はノマド~s振付作品を踊ります。
女性のトリオ作品です。6月13日、土曜日、19時より開演。
絶賛しごかれ中(嘘)。
[PR]



by kuukazoo | 2009-05-28 19:04 | dance

同じ虹。

雨続きの日々を抜け。5月らしく明るい朝。
鶯がそれはそれは元気に、高らかに鳴いていた。

金曜の夕方の虹。
ちょうど消えかかるところに出会った。
あー、虹とはこんなふうに消えるのだと思った。
ところで、虹というのはいろんなところからたくさんの人に目撃されているのだけど、
それはやっぱり1つの同じ虹なんだろうか。
同じ虹でも場所によっていろんな見え方になるのかな。
[PR]



by kuukazoo | 2009-05-10 03:08 | 日日。

それぞれ。

家族でどこかに出かけるということもなく、夫くんは作品制作、中3女子は部活、わたしは稽古と、連日それぞれのイベントで忙しいGWでありました。
やりたいことができるのはしあわせです。
とはいえ、やりたいことばかりやってるわけにもいかないので大変なことも多いですが。

今度は自分の作品でなく振付作品なので、まず振りを覚えなくてはならないのですが、
なんというか、今までいかに自分が浅瀬でちゃぷちゃぷしてるような踊りしか創ってこなかったかがよーくわかりました。
これまで全く意識の通っていなかった体の場所を動かそうとしても、なかなか動いてくれないし、まずどう動かしたらいいのかがわからない。体の使い方が違うと全くその振りではなくなってしまう。
まだまだできてないことが多く、ハードルも高く、不安にはなりますが、不思議と昔のように自己嫌悪に陥ったり凹んだりしなくなりました。歳を取った分図々しくなったということか。できないということを必要以上に深刻に捉える必要はないのです。それはできなくていいってことじゃなくて、必要なことを見失わないってこと。
しっかり味わって、血肉にしたい経験。

忌野清志郎さんに続き、やまだ紫さんの訃報を知りました。
お二人の作品からは、ある日もういいやって感じで離れてしまったけど、確かに過去のわたしはお二人を必要としていたね。
根本的ではないが、ちょっとした救い。
でも結構それが大事だったりもするのだ。明日も生きていくために。
ただ感謝するのみです。
[PR]



by kuukazoo | 2009-05-06 18:40 | 日日。

コトバオンガクオドリ。

コラボラボの「コトバ×オンガク×オドリ セッション」に参加。リーディングと音楽とヴォイスと踊りの即興セッションでしたが、踊りだけなのはわたしのみ。踊りは音楽や言葉と同じ土俵で勝負しちゃいかんねとつくづく。無理に関わろうとか合わせようとかするよりも、自分の感覚を貫いて、その上で関わったりする方がいいと思う。たぶん。そう思えるようになったのは、何をしてても周りで何が起こっているか常にキャッチしていて、それを自分でわかっているからだろう。閉じてなければ大丈夫というか。ただでさえあからさまに関わり過ぎちゃう人なんだから。
それでもやっぱりコトバと一緒にやるのは難しい。コトバって強いし。ほとんど経験ない。コトバなんて普段セッションでは意識して使ってもいないくせに、コトバの人がいるとつい影響されてしまう。もちろんそれが悪いってわけじゃないけど、でも大体においてそれはただの反射だったりして、そこをもう一度身体にくぐらせた方がいいような気もした。すぐ逃げちゃうのではなくて、難しくても、うまくいかなくても、そのプロセスをしっかり味わって、そしたらそのうち楽しめるようになるんじゃないかと。あとは、一緒にやってる人を信じるとか。自分1人でやり過ぎないようにするとか。3回やったうちの最後の回は多少そういうとこに近づいていたようにも思えた。その前の2回とは違った楽しさがあったかな。コトバだけと関わるのではなくて、コトバを発する人の体と関わることでコトバと関わるような。また機会があればやってみたいです。主催者&リーダー&参加者の皆さま、ありがとうございました。
[PR]



by kuukazoo | 2009-05-02 08:44 | dance

猫よけのペットボトルの輪郭でたたずむ水に映るいちにち あるいは岩崎一恵のダンスって何?な今日この頃。写真:松本和幸
by kuukazoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

リンク。

備忘録的twitter
たんなるメモと断片のコレクション
直ダンス!『春の燈』
2008年4月12・13日東中野RAFTにて
セラピストががんになったーカラダ・ココロ・タマシイを巡る旅ー
病というギフトを得たダンスセラピストの体験記録

ライフログ

ときどきの本たち。

ファン

ブログジャンル

画像一覧