日日のきれはし。

<   2009年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧




音オペ。

あっという間の週末。
連日予定がきつきつで朝からばたばたしまくりでしたが、まぁ何とかやることやってやりたいこともできて、でも絶対何か抜けてるような気がする…

さてさて、今日はダンスシードで音響オペの日です。
毎回自分が踊るより緊張するのですが、ダンサーの皆さんに助けてもらってます。って、こっちがサポートせないかんのになあ。情けないオペですが、がんばりますよ。おー。

しかし、夏だね!暑っ!
[PR]



by kuukazoo | 2009-06-27 13:15 | dance

「ひび」。

f0039843_9495682.jpg

f0039843_9495697.jpg

f0039843_9495622.jpg

昨日、会社の昼休みにマイミクの胡舟ヒフミちゃんの個展「ひび」にお邪魔しました。
歩いて5分足らずとすぐ近くの新しいギャラリー。写真と詩の展示を見せていただいて、お茶をご馳走になりながらまったり昼休み。
色とりどりのリボンで壁に吊された写真や言葉を見ていくのは、いくつかの断章から成る物語を読んでいるような感じで面白かったです。風景というものはその人を形づくるものだねと最近ある人とお話ししたのですが、まさに。誰の周りにもある日常の風景が彼女を通して反射される時、見ているわたしもそれを特別なものとして映している…って、ダンスにも言えることかも。

ひびは日々であり罅。
[PR]



by kuukazoo | 2009-06-26 09:49 | みたもの。

ぶいぶい。

f0039843_0365087.jpg

こないだのダンスシードを観に来てくれた友達からもらったもの。

American Kazooという楽器です。
箱書きによれば、1840年代に発明され、1912年にたくさん作られるようになり、カントリーミュージックやジャズバンドに広まったらしい。

立ち姿は何となく太陽の塔に似ています。

いつかこれをぶいぶい言わせながら踊ってみたいものです。
[PR]



by kuukazoo | 2009-06-22 00:36 | dance

また梅。

f0039843_3373314.jpg

梅干用に買った梅たちがまだ青かったので、紙袋の中で追熟させてます。
いい匂い。
熟した梅でないと美味しい梅干になりません。
明日明後日あたりが漬け時かな。

梅干作りも3年目。
[PR]



by kuukazoo | 2009-06-21 03:37 | 日日。

今年も梅仕事。

f0039843_9475889.jpg

とりあえず本番も終わったので、夏に備えて梅サワーを仕込みました。去年もこの時期に本番があり、終わってからあわただしく梅干を仕込んでいたのですが、ちょうどそういう時期だから仕方ないっちゃ仕方ない。
梅サワー…ってのは、梅酒のホワイトリカーに代えて酢で作るやつです。割とすぐ飲み頃になるのと、一夏で飲みきるものなので、せっかちなわたしにはちょうど良いかと思って、作ってみることにしました。
今年は梅干を漬けるかやめとくか…と悩み中。量を減らして赤紫蘇を入れない白梅干にしてみようかな…
[PR]



by kuukazoo | 2009-06-16 09:47 | 日日。

ちょっとでも変わる。

f0039843_237502.jpg

ダンスシード、まずは無事に前半戦終了しました。『ツンドラ』も多くの方々のおかげでどうにかお客様にお見せすることができ、とりあえず一つ山は越えました。とても至らないことだらけで悔しいけれど、ソロを踊っているだけではわからないことにたくさん気づくことができて、ありがたかったです。
ご来場下さった皆さま、応援して下さった皆さま、本当にありがとうございました。

※今回はテクニカルだけの参加のつもりだったダンスシード、自作ではないにせよまんまと踊ってしまいました。しかし、せめてもっと体ができてて踊れる人だったら、もっとこの作品を踊る喜びを味わえたであろうに…と思うと、わたしなんぞが踊って大変申し訳ありませんという気持ちです。もうこんな年齢になっていったい何をどうすればいいのやらですが、それでも続けていれば何かがちょっとでも変わることを信じて。
[PR]



by kuukazoo | 2009-06-14 23:07 | dance

ついに。

ダンスシード、明日です。
正直、恐いし不安です。
いつもいつも何かが足りません。
これでいい、っていうのがない。

しかし、今回に限ったことじゃないですが、たった20分程度のことなのに、どうしてこうもびくついているのでしょうか。
成長しないなあ。
多分今の自分以上のことをやらなきゃー!とか思ってるんだろうなあ。
背伸びし過ぎるとろくなことないってわかってるのになあ。
それよりは足裏から地に根っこを張ることの方がよほど大事だ。
[PR]



by kuukazoo | 2009-06-12 23:49 | dance

水日月火。

んん~、着実に空気がむしむしと重たさを増してきてる。と思ってたらついに梅雨入り宣言。日曜日にふとんを干したり、シーツやカバーを洗ったりできてよかった。洗濯機4回も回して、がしがし働いてもらった。人の汚れを一手に引き受けて洗ってくれる洗濯機の偉大さよ。それに対して掃除は自ら汚れと向かい合い直接労力を注がねばならない分、どうしても億劫になってしまうのだなあ(言い訳?)。
月曜日、突然腰痛が来た。筋腫のせいか右側に偏って痛い。周期的なものだから1日か2日で治まるとわかってはいるが、まぁ痛いものは痛い。火曜日、稽古したら血流が改善されたせいかかなり楽になった!と思ったけど、やはりまだ多少痛い。本番終わったら医者行くしかないな。
[PR]



by kuukazoo | 2009-06-10 17:01 | 日日。

振付。

うううぅぅ・・・。振付と、言うこと聞かない体と、格闘中です。振付自体は一見そう難しくは見えないのですが、振付家の振りを見て自分の体にコピーした「動き」と、オリジナルの「振り」は、見た目似てても全然違っていて(本人は「やってるつもり」だろうが実は全くできてない、ってこと)、それに少しでも近づこうとする時に本当に邪魔になるのが他ならぬ自分の体です。体の細分化ができてないので必要ないところに力が入ったり(無駄な筋肉がつく!)、動きの出どころや方向が違うものになっちゃってたりする。「やってるつもり」じゃ、本当に体や感覚に向かい合ってることにはならないし、体も変わらないんだなあ・・・と稽古のたびに痛感させられます。楽にできることではないのです。でも、その先に行きたいなあって身の程知らずにも思ってしまう自分もいて、体を使いながらちょっとでも前と違う感じがすると「お、変わった!」ってうれしくなったりもして。振付を本当に体の細部から自分の体に起こしていくことで、可能となる対話があるのだと今更ながら気がつきました。それはすごく面白くてまさにダンスの醍醐味で、ああ、でも時間がないから、一回一回、もっともっと精度をあげていかんとかなりやばいんですが。
[PR]



by kuukazoo | 2009-06-07 11:35 | dance

鳴くよ鶯。

そろそろ梅雨入りというのに、毎朝鶯の囀りが聞こえてくるのだけど、鶯が鳴くのは春だという固定観念のせいで、何となく気になる。婚活が長引いているのか…
と、思って調べてみたら、鶯は鳴き始めるのが春先、ということであって、夏ぐらいまで鳴いてるらしい。あと、鳴くのも雌へのアピール以外に他の雄に対するなわばり主張という意味があるのだそうで、別に婚活がうまく行ってないとかそういう訳ではないようだ(ごめんよ鶯)。ついでに鶯の社会は一夫多妻制らしい。初めて知った。
いや、鶯のことはとりあえず置いといて、いよいよ来週6月13日土曜日、ダンスシードです。わたしは今回ノマド~s振付作品に出演するのですが、今頃筋肉痛になってます。日頃の鍛え方が足りん…情けなや。
ちなみに今回の作品のタイトルは『ツンドラ』。
一年中溶けることのない永久凍土が広がる極圏の地。ヨーロッパ北方の言語で「樹のない平原」を意味する言葉。
女性3人によるトリオ作品です。
ツンドラと言えば、地球温暖化で永久凍土が融け出し、封じ込められていたメタンガスが大量放出されて温暖化がより進行する、という説もあって、いろいろ考えさせられます。
とまぁ、ツンドラの豆知識はおいといて、お時間が許すようでしたらお立ち寄りいただけると幸いです。
この日は他にもソロダンス3作品が上演されます。19時開演!
[PR]



by kuukazoo | 2009-06-04 19:25 | dance

猫よけのペットボトルの輪郭でたたずむ水に映るいちにち あるいは岩崎一恵のダンスって何?な今日この頃。写真:松本和幸
by kuukazoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

リンク。

備忘録的twitter
たんなるメモと断片のコレクション
直ダンス!『春の燈』
2008年4月12・13日東中野RAFTにて
セラピストががんになったーカラダ・ココロ・タマシイを巡る旅ー
病というギフトを得たダンスセラピストの体験記録

ライフログ

ときどきの本たち。

ファン

ブログジャンル