日日のきれはし。

<   2009年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧




water hyacinth。

f0039843_1844577.jpg

今年も咲いた。メダカ池のホテイアオイに花。
去年も今年もいくつか投入した株のうち、何故か1株だけが花をつけた。夏はアナカリスが白い花をたくさん咲かせていた。
水に咲く花はやはり美しく、来年は睡蓮の鉢でも沈めようかという気分になる。

気温が低いのでメダカは水底から上がって来ない。
明日から10月。
[PR]



by kuukazoo | 2009-09-30 18:44 | メダカ@池

ぶんぶん。

メダカ池2年目の秋。
気温の低い朝方はひっそりしてますが、晴れているとだんだん水もあったまってくるので、大きいのも小さいのも中くらいのも水面に集まってきて活発に泳いでいます。
普段ほったらかしなので休みの日くらいはそういう姿をぼーっと眺めつつ癒されたいところなのですが、なんとスズメバチがやってきた!でかい!しかも2匹!慌ててサッシ窓を閉めて動向を見守っていると、池の周りをちょっとぶんぶんした後どこかへ飛び去っていきました。びっくりしたよ。秋はちょうど活発に飛ぶ時期だし、通り道だったのかな。近くに巣なんて作ってなきゃいいけど。不安になってスズメバチの生態を検索しまくる。夏のアシナガバチといい、好きでもないのにすっかり蜂に詳しくなってしまった。

ご近所の金木犀の香りがすごいです。窓を閉めていてもほんのり香ってきます。
中3女子にとっては「臭い!」らしいです。
↑と、台所へ行っている間に中3女子が書きました。
[PR]



by kuukazoo | 2009-09-28 22:34 | メダカ@池

ICiT(4)。

ICiT Dance Salon、終わりました。
連休中にもかかわらずご来場下さった皆さま、ありがとうございました。出演者にスタッフの皆さまもお疲れ様&ありがとうございました。

踊るよりも話す時間の方が長かったような気がする企画だったけど、それもまた良し。表現や日頃の活動や社会的なことや今後について、悩みも疑問も希望もたくさんのことがシェアできて、これからの糧にしていきたい5日間でした。

まぁ何にせよ、こんな自分でも踊り続けていけるのは幸せなことだし、感謝すべきことなり。
だから少しでもいい踊りができるように、日々がんばらないとね。

そう書きながら気づけば、もう9月も残り少し。
蝉の声も聞こえなくなりました。
日もすっかり短くなって、金木犀の匂いがします。
あ〜、電車かバスに乗って、ちょっと遠くへ行きたいなあ。
すごくでなくていいから、ほんと、ちょっと遠くへさ。
[PR]



by kuukazoo | 2009-09-25 18:41 | dance

ICiT (3)。

ICiT Dance Salonフリンジ3日目のアフタートークは、通常アフタートークの域を超え、ほぼ1時間に及びました。いや充実。いや贅沢。お客さんって機会さえあればぢつは喋りたいのか?聞きたいことっていっぱいあるのか?ダンサーだって喋らせれば結構いっぱい話すこと持ってるんだよね、本当は。わたしはアフタートークの輪の外側で聞いていただけですが、それでもとても勉強になりました。

単独公演のアフタートークはよくあるけど、違うダンサーが小作品をいくつか上演するショーケース的な企画では、結構めずらしいんではないか。いつもだったら自分の呼んだ知り合いのお客からしか感想は聞けないけど、知らない人からの感想も聞ける機会なんてなかなかない。とても貴重な時間だったと思う。
[PR]



by kuukazoo | 2009-09-23 11:07 | dance

ICiT (2)。

IciT Dance Salonフリンジ2日目のアフタートークは、舞台に小さな折り紙を丸く並べたまわりに観客もダンサーも座って、観客には折り紙に一言感想や質問などを書いてもらい、それらを集めたのをランダムにダンサーが読み上げていってコメントするというかたちでした。
確かにこういう形式なら気軽に感じたことを伝えやすくて堅苦しさもなく、いいアイデアと思いました。和やかな雰囲気で今日のダンスをシェアできたので、お客さんもただダンスを観て帰るよりも楽しかったのではないかしら。
[PR]



by kuukazoo | 2009-09-22 11:11 | dance

ICiT(1)。

5連休のまっただなかですが、ICiT Dance Salon開催中です。
一昨日19日は「サロン」ってことで出演者が集まり、それぞれがリーダーとなって短いワークショップをやりました。普段なかなか知ることのできない、他のダンサーの創作の手法や、踊りや動き、感覚の起こし方、興味を持っていることなどに基づくワークが体験できて、とても興味深い時間でした。
それから、フリンジで行うアフタートークについて、どういう形式にしていくかを各グループでミーティング。アフタートーク自体あまり参加したことがなかったし自分でリードして進めるなんてやったことがないので、結構気がかり。ダンサーって普段あんまり喋らんもんね(そうでもない?)。というか、喋ることを避けてる、めんどくさがってる部分もある。終演後にそれぞれ懇談、というのはあっても、アフタートーク、って形式の中で話すのはちょっと・・・って感じ。自分が話すこともだけど、お客さんに話してもらうというのも、なんか感想を強要しているような感じで実は気が重かったりする。
まずダンサーがどう話の先鞭をつけて、お客さんからどう話を引き出していくかについて、各自アイデアを出し合い、まあなんとかなるでしょう・・・なんとかしましょう!ということで、一抹の不安を残しつつ(笑)、1日目サロン終了。

んで昨日。
本番もアフタートークも無事終了しました。
連休中にもかかわらずご来場下さった皆さま、出演者&スタッフの皆さま、ありがとうございました。
自分の踊りの出来については後で反省文を書くとして、
アフタートークはかなり有意義な時間でした。少なくともわたしにとっては。
お客さんとの話の中で、自分も話しながら発見することがあったり、今後の課題がはっきりしたり、方向性のようなものがおぼろに見えてきたり、するんですね。今まで無意識にやってきたことを言葉にする努力をする、ってことは大事だなと思いました(もちろん危険も伴うけれど)。
いや、やってみるもんでした。
参加して下さった皆さまにあらためて感謝です。
[PR]



by kuukazoo | 2009-09-21 12:38 | dance

公演告知。

いよいよ次の日曜日に迫ってきました。
連休のまっただ中、ダンサー・振付家のノシロナオコさんのダンスサロン企画に参加、フリンジでソロ作品を踊ります。ちなみにICiTとは、Independent Choreographers in Tokyoの略です。
場所は、昨年直ダンス「春の燈」でお世話になった東中野のRAFT。客席が限られてますのでできればご予約をお願いいたします。メール、mixiメール、この記事にコメントいただいても承ります。
考えてみれば、ソロ踊るのも3月以来だなぁ…連休中ですが、ご都合つくようでしたら是非。
なお、21日と22日もフリンジがあり、多彩なダンサーが踊ります。よろしければこちらも是非。

◆ICiT Dance Salon参加

オルタナティブスペースRAFT(中野区中野1-4-4 1F)
JR東中野駅から徒歩13分、丸の内線・都営大江戸線中野坂上駅から徒歩10分
入場料1500円 定員35名
9月20日(日)19:00〜
ダンサーズ+石田陽介 秦真紀子 岩崎一恵
21日(月)19:00〜
オカザキ恭加 code20xx じゅんぺい chiffon(宮保恵・rikaon)
22日(火)19:00〜
中島松秀 丹羽洋子 吉福敦子
※各終演後アフタートークあり
[PR]



by kuukazoo | 2009-09-20 19:00 | dance

穴掘り。

作品をつくるのは何だかトンネルを掘るのに似ている。
しかし入口からつくるとは限らない。いきなり土の中にできることもあるし、そしたらそこに着くための道を外から掘ったり、逆に中から外に向かって掘ったり、ということになる。入口だと思ってたら出口だったりその逆だったり。
今回はわりと素直に入口から作っている。出口もなんとなく決まってはいる。ある程度入口出口の当たりができていれば、途中の道もなんとなく決まってくるとは思うのだけど、入口は結構綿密に作らないと、途中でいろいろずれてしまって目指す地点にたどり着けなかったりする。とは言っても入口ばかりいぢっていてもトンネルはできないので、いきなり途中をぶち抜いたり、出口から中に向かって掘ったりとかいうことも必要なんだなあとか思ったり。

って、発見した!つもりだったんだけど、すでにどっかで誰かに言われたことをようやく身を持って知っただけのことのようにも思う。まぁ、それも大事なんだけどね。
[PR]



by kuukazoo | 2009-09-18 09:51 | dance

絵に描いた梨。

f0039843_16321730.jpg

梨の季節です。幸水豊水。安くて美味しいうちに食いだめだぁ!とばかりに毎日食べまくってます。

写真は、昨日夫くんがいただいた「かおり」という梨と、夫くんが描いた「かおり」の絵。
手に持った質感が何か洋梨っぽいが、味は食べてみないとわからないね…
[PR]



by kuukazoo | 2009-09-17 16:32 | 日日。

「どう」と「何」。

朝から空の青いこと。
陽射しは強いけど空気が乾いているあたり、秋を感じます。
目には見えませんがインフルエンザウィルスも蔓延してます。
結構身近に迫ってきました、未知の存在。

次の本番まであと10日かあ。
ここずっと、「どう」踊りたいかということばかり考えていて、「何」を踊るということについてはまるっきりのからっぽ。コンテンツじゃなくてプロセスの踊り。即興ならともかく、そんなんで作品なんて可能なんだろうか。最近壁にぶち当たるのはそんなとこ。
[PR]



by kuukazoo | 2009-09-10 23:34 | dance

猫よけのペットボトルの輪郭でたたずむ水に映るいちにち あるいは岩崎一恵のダンスって何?な今日この頃。写真:松本和幸
by kuukazoo
プロフィールを見る
画像一覧

リンク。

備忘録的twitter
たんなるメモと断片のコレクション
直ダンス!『春の燈』
2008年4月12・13日東中野RAFTにて
セラピストががんになったーカラダ・ココロ・タマシイを巡る旅ー
病というギフトを得たダンスセラピストの体験記録

ライフログ

ときどきの本たち。

ファン

ブログジャンル