日日のきれはし。

<   2010年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧




町のアートスペース。

先週の土曜日。
「町のアートスペースについて、話そう」@yahiro8、に行ってきました。
各地でアートスペースを運営している人たち5名(ま、うち4名はすでに知り合いなのですが)の方々が、スペースを開いたきっかけとか運営にまつわるあれこれとか地域との関わり方とか今後の展望とかについていろいろ興味深いお話をして下さり、また予想外にたくさんの方が集まって下さり(宣伝はブログ程度だったようですが)、とても面白く、有意義な2時間でした。こういう集まりがきっかけになって、スペース間の交流企画とかもできたら面白いかも、と勝手に膨らむ期待。何というか、皆さんあまり肩肘張り過ぎてないところがいいなあと思いました。勿論、それぞれ運営にいろいろご苦労はされているのでしょうけれど(ラスクを作ってパン屋さんで売って運営費の足しにしてるとか、お金はないけど差し入れのおかげで飲食物には不自由しないとか)、どこかそういう部分も楽しんでいるみたいな印象でした。町のアートスペース、というところでは、アート自体の価値、というより、人と人を媒介するものとしての役割が強いのかもしれません。来月yahiro8で打つアートイベント「町影」も、そういうものになればいいかなと思います。

11月3日のお昼頃に、屋外で宣伝を兼ねてパフォーマンスをやる予定です。
場所は決定次第お知らせします。
[PR]



by kuukazoo | 2010-10-27 01:08 | dance

トークイベントのごあんない。

11月に「町影」を上演するyahiro8(主宰:オカザキ恭和)にて、今週土曜日の午後、町なかのアートスペースに関する座談会を開催します。関心のある方はどうぞお気軽にお越し下さい。

東京アートポイント計画/墨東まち見世2010
『町のアートスペースについて、話そう』座談会 開催!

yahiro8 のオープンに先駆けて、オルタナティブスペースや、町のアートスペース、アトリエ、スタジオなどを運営している方々を招き、スペース運営者たちによるざっくばらんな座談会を開催します。拠点でどんな活動をされているか、どうして立ち上げたのか、続けていくうえで大変なこと、今後取り組んでいきたいこと etc、さらに町とスペースとの関わりや、アートにできることなど、ざっくばらんに話していく企画です。スペースの運営に携わっている方も、そうない方も、ご興味のある方、お気軽にお越しください。話を聞いているうちに話したくなってきた、質問したくなってきたという皆様は、もちろん座談会参加も歓迎です。

スペース運営者:参加予定者

中野区東中野 RAFT  来住真太 
行田市 RUSK 野本翔平 
越谷市 KAPL 浅見俊哉 
文京区千駄木 Brick-one  熊谷乃理子
墨田区 八広 yahiro8  オカザキ恭和

日時 : 2010年10月23日 土曜日 
    PM13:30〜15:30目安に終了予定  *途中入退場可 
会場 :yahiro8 墨田区八広4−10−1
    マップ
参加費:無料

問合せ/予約 : E-mail yahiro8@ac.auone-net.jp TEL/FAX 03(6759)0945
[PR]



by kuukazoo | 2010-10-22 00:11 | dance

眠眠(ねむねむ)。

最近はまた平日の睡眠時間が3〜4時間に減っていて、さすがに土日は寝坊気味。でも午前中から用事が入ってることが多いので、そうそう寝てもいられない。あああ。おかげで5時間寝ると久々によく寝た!という気になってしまう。引っ越してから睡眠時間が激減してるのはなぜ?

稽古できゅうきゅうな日々ではあるが、ここ数か月はちょこちょこダンスを観に行くことができている。っても土日に限られてるけど。観ることは見せることを考える上で勉強になる。客席で感じること考えることはみんな自分に跳ね返ってくる。

最近今までになく稽古日数が増え、土日にダンス観に行ったりしてるものだから、お仕事モードに切り替えるのが今までになく大変。会社という場所に身を置いてることに違和感を強く感じる。しかし、具体的に稼いでいる場所はここだけなのだから、そのことは受け入れなければならない。嫌というのではなく、そのへだたりを行き来している感覚が何だか変。行き来するたび自分のどこかをこっそり変形させているような。

しかし眠い。コーヒーを1日4〜5杯飲んでいるのに、効果なし。飲み過ぎのせいか。
[PR]



by kuukazoo | 2010-10-20 13:00 | 日日。

10月の三日間。

土曜日。
高1女子記録会のため朝3:30起き。午前中稽古@千駄木の後、一箱古本市へ。小雨がぱらついて少し寒かったけど、古本市のマップ片手に歩いてる人たちとすれ違う不忍通り。時間がなくて2か所しか回れなかったけど、面白かった。毎週来てる街だけど、ほとんど稽古場と駅の往復なので、いろいろ新鮮だった。楳図かずお『恐怖への招待』(単行本)とか谷崎潤一郎『台所太平記』(函本)とか結構そそられたけど、持ち合わせも少なかったので荒川洋治『日記をつける』1冊で我慢。
夜、大雨の中、河内音頭の練習会@旧曳舟中学校に参加。駅から数分なのに、暗いのと雨なのと不案内なのとで20分位迷ってしまった。適当に抜け道と見当つけて入った道が行き止まりだったり、知らないうちに線路の向こう側に出てしまってたり…もうたどり着けないかもと思ったよ。河内音頭は振りが何種類もあって、かなり足を使う。ステップする方向転換する跳ねる。

日曜日。
前日の疲れが出て大寝坊。高1女子に夕飯作りをお願いする。オイスターソースを買うように言ったのにウスターソースを買ってきた。君の将来が若干心配だよ(笑)。
夜稽古帰りに上本郷の獅子舞@明治神社を観に立ち寄る。河内音頭についても思うのだけど、人をつなげる力をすごく感じる。自分のやっていることはどうなのだろうとちょっと寒い。

月曜日。
暑いよ。これは小春日和なんかぢゃなく残暑だよ。の中、11月にやる企画の稽古@八広。ダンスと音楽、それぞれ今の段階をプレゼン。さらに映像が加わるのだが、どーなるのだろうと気持ちが高まる。その後稽古@千駄木。いつものことながら課題てんこもり。
[PR]



by kuukazoo | 2010-10-12 18:51 | 日日。

折り畳まれた手順。

その危険性と獰猛さばかりが注目されてしまうスズメバチですが、彼女たちは小さい妹の世話と家事に追われるけなげなお姉さん達なんだよ
冬が来たら死んでしまうんだよ

と言ってもなあ。
勝手に共感しても話の通じる相手じゃないのがかなしいですね。
とにかく種の存続。そのための行動だけが本能としてインプットされてる。個体を維持するのもその大きな目的のため。母はひたすら卵を産み姉はひたすら育児と家事と労働。見事な分業。あんな小さい体のどこにそんな手順が折り畳まれているのでしょう。
どこかからともかく這い出して、それから何をするかはもう決まっている。ずるずると体から引き出される手順に疑いなく従う。その行動は種によって(あるいは属性とか役割)まるで異なる。しかし、目的は同じ。それは地球に生まれた宿命みたいなものなのか?うーん、期せずして何だか壮大になってきた。

人間として生きているとそういう部分がよくわからない。ごちゃ混ざってる。きっといろいろ複雑過ぎるんだろうね。
[PR]



by kuukazoo | 2010-10-07 20:40 | 日日。

がんばれお姉さん。

気づいたら10月。一昨日あたりから金木犀が香り始めている。ヒヨドリが甲高く鳴いている。もうそんな時期ですか。
しかしスズメバチに襲われたというニュースも相次いでいる。やはりうちは駆除しておいてよかったのだよ。特にこの時期は新しい特別な妹(来年の女王様)を育てるので姉達はとてもナーバスになっているのだ。子育て大変。と、書きながら気づいたけど、子育てする虫って蟻や蜂だけなのか。虫のことはよくわからないけど、大抵は餌のあるとこに産卵して後は野となれだもんなぁ。っても、蟻や蜂のお母さんはお家作って後は産む専門で、育児や家事はみんなお姉さん達任せなんだけど。いくら数いるとはいえ、大変ですね。ぐれもせず。まぁ本能だし。
がんばれお姉さん達。
と、応援してどうする。
悩むわ。
[PR]



by kuukazoo | 2010-10-05 19:05 | 日日。

猫よけのペットボトルの輪郭でたたずむ水に映るいちにち あるいは岩崎一恵のダンスって何?な今日この頃。写真:松本和幸
by kuukazoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

リンク。

備忘録的twitter
たんなるメモと断片のコレクション
直ダンス!『春の燈』
2008年4月12・13日東中野RAFTにて
セラピストががんになったーカラダ・ココロ・タマシイを巡る旅ー
病というギフトを得たダンスセラピストの体験記録

ライフログ

ときどきの本たち。

ファン

ブログジャンル