日日のきれはし。

<   2011年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧




地球に踊らされた。

f0039843_2135214.jpg

f0039843_21352176.jpg

もう2週間ほど足の裏の痛みがとれない。朝起きてからが一番痛くて会社で座って仕事してるとずいぶんマシになるんだけど、夕方帰る途中でまた痛み出してくるという足底腱膜炎の典型的症状。でも、朝起きた直後に足裏の痛む箇所やふくらはぎの筋肉をよくマッサージしたり足首をぐるぐるしたり曲げ伸ばししたり足指をぐーぱーしたりするとその後だいぶ痛みが和らぐことを発見した。このまま良くなってくれるといいのだが。あー、あと左の膝裏もずっと痛いんだった。

…とか何とか小さな不具合を抱えつつ、26日はノマド~s野外ワークショップ&パフォーマンス@東京学芸大学・農場へ。風は強かったけど、晴れていて日差しは暖かく、踊るにはそれなりにいい天気だった。どんぐりの樹の葉っぱが積もる上や梅林の中やふかふかに耕された畑の土の上で踊るのはとても楽しくて、一般の参加者の皆さん方の踊るエネルギーも弾けまくってて、こんな時だけれど世界はやっぱり美しいなぁと思ったりした。「地球を踊る」というよりかは「地球に踊らされた」かなぁ。おかげで翌日は腰が痛たたたた、だったのだが、あんなにひどかった足底腱膜炎の足裏から脳天に響くような痛さがずいぶん軽減されていたのには驚いた。でこぼこした土の上を走ったり跳んだりして足裏がマッサージされたのか。野外ダンス効果すごい。もっと踊りたかったな。あと、室内でばかり踊っていてはいかんという気持ちを強くした。ちょっと前までは結構野外でも踊ってたのにな。なんかもー、すごくはみ出したい気分。

写真は農場@東京学芸大学の畑。
[PR]



by kuukazoo | 2011-03-28 21:35 | dance

野外ワークショップ&パフォーマンスのごあんない。

今週末土曜日、小金井にある東京学芸大学の農場施設でダンスカンパニーノマド〜sによるダンスワークショップとパフォーマンスを行います。
こんな時ですが、こんな時だからこそ、土の上で踊ることで、何かエネルギーをもらったり、気持ちが開いたり、何か新しいきっかけになる、などの効用があるといいかなーとは思いますが、正直わたしにはどうなるかわかりません。でも、昔から人は土の上で踊ってきたのだし、地球と人の間の循環を活性化する働きがダンスにはあって、人はそれを必要としてきたのだと思います。昔も、今も、これからも。
多くの人と一緒に踊ること、その様を目撃していただくことで、このダンスの時間をシェアしたいと思い、ご案内します。
以下詳細です。
ダンスカンパニーノマド〜sブログはこちら

ダンスカンパニーノマド〜sよりワークショップ参加者&見学者募集のご案内です。
3月26日(土)東京学芸大学・環境教育実践施設の農場においてワークショップ&パフォーマンス『地球を踊る』を行います。
「里の風景」の一つであるこの場所で、朝から参加者と共に創作をしていきます。ダンスは初めてという方から、専門の方までどなたでも参加できるプログラムです。
ワークショップの最後にはノマド〜Sのダンサー達と一緒にパフォーマンスを行います。パフォーマンス観覧は無料です。土の上で生まれるダンスと新しい風景を多くの皆様にご観覧いただきたく、どうぞよろしくお願いします。

2011年3月26日(土)10:30~16:00  2クラス+パフォーマンス
*Aクラス 10:30-12:00 からだと空気、地面とからだ、感覚的身体を味わう
*Bクラス 13:00-14:30 わたくしの内なる土壌、土の素、春の素 

*パフォーマンス『地球を踊る』15:00-(受付開始14:45-) 上演時間 約45分
出演:ワークショップ参加の方々、ダンスカンパニーノマド〜S(田上和佳奈、豊永恭子、小林加奈、野上麻衣子、岡村泰子、岩崎一恵、近藤正之、相澤哲、羽山義彦、神林和雄、熊谷乃理子、池宮中夫)他
※クラス受付はそれぞれ30分前より。開始10分前までには集合ください。

場所 東京学芸大学環境教育実践施設(農場) 小金井市貫井北町4-1-1
[JR武蔵小金井駅北口より、京王バス(5番バス停、定時から10分おき発車)「小平団地行」約10分、「学芸大正門」下車 徒歩約8分。農場は正門を入り左手の最奥]

対象 小学生以上(ダンス経験、職業、国籍不問)
参加費:ABクラス通しで 一般 2,000円、学生1,500円(中学生以下500円)
   ※単発クラス参加 一般1,500円、学生1,000円(中学生以下 400円)※ファミリー割引あり
パフォーマンス鑑賞:無料
ワークショップ進行:池宮中夫 熊谷乃理子

WS参加申込
1)氏名(フリガナ) 
2)連絡先 〒/住所/電話/メールアドレス 
3)年齢/性別 
4)職業(学生の場合は学校名) 
5)応募の動機
※必要事項をご記入の上、3/24木までにファックスまたはE-mailにて申込ください。
※パフォーマンス見学ご希望の方は、1)2)のみご記入の上、ご予約ください。
折り返し、詳細のご連絡をさせていただきます。

お問い合わせ・WSお申し込み・見学ご予約
ノマドオフィス
TEL: 03-3828-4858 FAX: 03-3828-4856
E-mail: nomade-s★t3.rim.or.jp
※3/26のみ 080-3397-4718, brick-one★t.vodafone.ne.jp
送信の際は★→@にしてご利用下さい。

協力:東京学芸大学環境教育実践施設、小金井アートフルアクション実行委員会、NPO法人ミュゼダグリ
助成:EU・ジャパンフェスト日本委員会
企画:ダンスカンパニーノマド〜S
[PR]



by kuukazoo | 2011-03-26 15:00 | dance

まだ見えないが新しい何か。

木曜の夜たて続けに2度、ちょっと強い揺れが来て、さすがにげんなりした気分になった後、椅子に突っ伏して2時間ほど爆睡してしまった。起きたら腕がしびれて冷たくなっていた。

何もこんな時に読まなくても、と思いながらつい買ってしまった上野顕太郎の『さよならもいわずに』を読んでたので、とりあえず目を覚ますことができてよかったと思った。

地震の起こる少し前から、本当にただただ運良く生かされているに過ぎないのだなぁという気持ちが強くなっている。

勝手な考えだけど、やはり、今まで原子力発電の恩恵を特に受けてきた首都圏の人間は、今回の不安や恐怖や痛みから逃げちゃだめだと思った。どこへ逃げたってそれは影みたいについてくる。被曝から逃れるというのとはまた違う話だけど。原発も世界の一部。

We work the black seam together.(Sting)

この震災でさすがに原発は縮小へ向かうだろうけど(オール電化も消えるだろうな)、代替エネルギーの問題は大きい。自然エネルギーだけでまかなえるとは到底思えないし、ガスや火力系を増やせばCO2排出量が増えるし…いずれにしても今以上に節電、というか、発展、とか成長、とか便利、を良しとする価値観とはまた別の何かが必要な気がする。それが個人や社会を、未来を変える。多分これからゆっくりと根っこからいろんなことが変わっていくのだろう。

久々に音楽を聴こうという気になった。
[PR]



by kuukazoo | 2011-03-19 12:31 | 日日。

未来のための。

火曜日の朝も運休だったので40分歩いて駅まで行ったらさすがに足の裏にきた。足底腱膜炎というやつで、歩く時非常に痛い。帰りのことや明日の朝のことを考え、この足でどうしたものかと思ってたら、帰りは運休でなくなっていて、助かった。多少本数は減っても電車が全体的にそこそこ動いてくれた方がいいに決まっている。しかし1日数時間の計画停電の上、停電時間以外も節電に努めても、全路線運行には至らず、まだ操業してない工場だって幾つもある、ということを考えると、脱原発への道はやはり容易でないね。だからこそ、何が必要で何が無駄なのかが見えつつある今の状態を忘れずに、と思う。何か一つが大きく変わるには、小さなたくさんのことが変わる必要があるのだ。

しかし、阪神大震災の時は、ツイッターどころか携帯もインターネットもなく、パソコン通信だったんだよな〜。当時0歳女子だった高1女子を抱えてパソコンとテレビの前を右往左往していた自分を思い出す。あの頃に比べたら情報はどんどん入ってくる分、デマの飛び方も半端でない。けれどもそういうものへ対処する力は確実に働いているし、また高まるネガティブ感情への向き合い方や流し方についてもたくさんの人たちがいい方法を分かち合おうとしてくれていて、それは本当に学んだ結果、成長だなぁと思う。今だって大変だけどきっと未来のために何かを学んでいるはずだよね。
[PR]



by kuukazoo | 2011-03-16 21:56 | 日日。

停電と言われて。

月曜日。輪番停電のため最寄駅は封鎖中。バス停もタクシー乗り場も長蛇の列。40分かけて電車が出ている駅まで歩く。今朝も同じく歩く人々多し。あと自転車か。人でいっぱいの歩道の中を強引に走るのは危なくて仕方ないから勘弁してほしいよ。事故が増えなきゃいいが。自動車もいつもより多く走ってて排ガス濃度が上がってる。

駅は大混雑かと心配したがそれほどでもなかった。電車も走ってる分に関しては割とスムーズに運行している。けど、他の路線の話を聞くととても大変だったそうで、明日もこんな状態かと思うと、ちょっとストレスではある。これを機に在宅勤務体制が進んだりしないのかな。

しかし、原発のない暮らしというものはこういう感じに近いのだろうか。原発あっての電力の大量安定供給、及びその恩恵を受けてる訳で、供給不安定な自然エネルギーで代替するのは無理がある。しょっちゅう電力不足で停電なんてことも起こり得るんだろうか。今まで当たり前だったことがそうじゃなくなるというのは大変なことだけど、それを支えていたものにもう頼ることをやめるとしたら、今こそこれまでの生活からシフトするチャンスなのかもしれない。

どっちかといえば、スーパーなどからすごい勢いで商品がなくなっていく様の方がびっくりである。こっちの方が切羽詰まってる感高いかも。

だが冷静に。
[PR]



by kuukazoo | 2011-03-14 18:19 | 日日。

無事帰宅。

午前1時過ぎにおうち到着。会社(大手町)からほぼ休みなしで約8時間半か。松戸市入ってからが長かった。さすがに疲れもピークにきて足の裏や腿の付け根が痛みだし歩きにくかった。あと、寒かった!

歩いているうちに電車復旧するかなとかバスかタクシーつかまるかなとか思ったけど、結局ずんずんと歩いてしまった。途中避難所に行くという選択もあったが、動けるなら待つより動くという行動パターンの人なのと、やはり家のことが心配だったし。

しかし、深夜から朝にかけても時々揺れ、油断ならない。
テレビで各地の被害状況のひどさを見て、愕然。
津波、火災、原発…逃げられる状況にあるのはまだマシなのだ。動けず助けを求める人達に少しでも早く手が届くことを祈るのみ。
[PR]



by kuukazoo | 2011-03-12 09:13 | 日日。

なんとか。

綾瀬〜亀有間は人通りも少なかったけど環7から6号線に入ると再び多くの人達が歩いている。さっき江戸川越えたのでもう松戸市。結構歩けるものですね。おうちまであと少し。
[PR]



by kuukazoo | 2011-03-11 23:40 | 日日。

もくもく。

歩く。
日暮里から明治通りを三ノ輪まで行き、日光街道に入ると北千住を目指す人々で歩道ぎうぎう渋滞。でもみんなキレもせずもくもく歩いてる。信号も守る。すごいな日本人。途中使い捨てカイロをただで配って道案内もしてるお店あり。有り難し。無事荒川も渡り、今綾瀬と亀有の中間くらい。会社出てから約5時間か。今日中の帰宅は無理かも。
[PR]



by kuukazoo | 2011-03-11 22:28 | 日日。

201103111838

とりあえず家と連絡ついた。家も家族も無事でよかった。あとはどう帰るかな。電車全く動いておらず。
[PR]



by kuukazoo | 2011-03-11 18:38 | 日日。

家と連絡とれない。

みんな大丈夫かな
[PR]



by kuukazoo | 2011-03-11 17:42 | 日日。

猫よけのペットボトルの輪郭でたたずむ水に映るいちにち あるいは岩崎一恵のダンスって何?な今日この頃。写真:松本和幸
by kuukazoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク。

備忘録的twitter
たんなるメモと断片のコレクション
直ダンス!『春の燈』
2008年4月12・13日東中野RAFTにて
セラピストががんになったーカラダ・ココロ・タマシイを巡る旅ー
病というギフトを得たダンスセラピストの体験記録

ライフログ

ときどきの本たち。

ファン

ブログジャンル