日日のきれはし。

<   2015年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧




前記事に追加(売れた本など)。

5/3の一箱古本市@不忍を売れた本を中心に振り返ってみると、
・思いのほか絵本が売れた
・意外にも米原万里が全部売れた
・前回売れなかった本もしれっと持って行ったがほぼリベンジを果たした
・身体メソッド系の本はほとんど触られもしなかった
・食エッセイがやや苦戦した

うーん、昨年とは客層が違ったのか志向性が違ったのか。
当たり外れも楽しみのうちですかね。

さて、今年のまだら箪笥箱から旅立った本。
ワカコ酒1~4(新久千映)/青い空を、白い雲がかけてった(あすなひろし)
道草日和(山川直人)
ひきだしにテラリウム/竜の学校は山の上/竜のかわいい七つの子(九井諒子)
ふくろうくん/どろんここぶた(アーノルド・ローベル)
せいくんとねこ(長新太)/おぼえていろよおおきな木(佐野洋子)
手で食べる?/変形菌な人びと(たくさんのふしぎ)
田中慎弥の掌劇場(田中慎弥)/春の庭(柴崎友香)/ユーズド・ミックスのススメ(黒川洋行)
モノクローム写真の魅力(江成常夫・松本徳彦)/伝書鳩(黒川比佐子)
旅行者の朝食/ロシアは今日も荒れ模様/嘘つきアーニャの真っ赤な真実(米原万里)
おなかほっぺおしり ポーランド行き(伊藤比呂美)/なにたべた?(伊藤比呂美・枝元なほみ)
たましいの場所(早川義夫)/ベルカ、吠えないのか?(古川日出男)
私の紅衛兵時代(陳凱歌)/読書の腕前(岡崎武志)/文人御馳走帖(嵐山光三郎)
美味放浪記(檀一雄)/戯作者銘々伝(井上ひさし)/向田邦子ふたたび
翻訳のココロ(鴻巣友季子)/翻訳者の仕事(岩波新書)
ことばの食卓(武田百合子)/絲的炊事記(絲山秋子)/よなかの散歩(角田光代)
ユリイカ特集「怪談」/異形の白昼(筒井康隆)/物言う魚たち(後藤明)
夕焼けTV番長/ぶっちぎりヒーロー道
(以下はbrick-oneよりご提供いただいた本)
もっとソバ屋で憩う(杉浦日向子)
骰子N―29(カルチャー系ワークショップ特集ヴィンセント・ギャロ)
ノド書/トーキングヘッズ叢書「少女×傍若無人」/ゴシック・テイスト

以上
お買い上げありがとうございました!
[PR]



by kuukazoo | 2015-05-11 02:34 | ときどきの本。

今年も多謝多謝☆不忍bookst.一箱古本市。

あっという間に5月になってしまい、新緑の眩しさにくらくらする日日です。そんなGWの5月3日、今年も不忍ブックストリートの一箱古本市に「まだら箪笥」で出店してきました。2回目ということで油断したのか、集合時間にちょっと遅刻してしまい、皆さんにご迷惑をおかけしてしまいました・・・申し訳ございません。今回は大家さんである根津教会さんの中庭をお借りして、レインボーブックスさん(超ベテラン!トーク絶妙過ぎ)と本まっち柏さん(柏で一箱古本市を企画運営されてるチームの方々。ご近所なのでついつい気安くなってしまった)に挟まれての販売でした。それにしても天気良過ぎであまりに日差しが強く、本が乾燥して反り返り、釣銭が熱くなり、ペットボトルのお茶も飲み頃にあったかくなるなど、いろいろ驚愕の事態が発生しましたが、おかげさまで1日楽しく本を売ることができました。お立ち寄りいただいた皆さま、場所を提供してくださった皆さま、実行委員及び助っ人の皆さま、今年も本当にありがとうございました。

今回も販売冊数は前回とほぼ同じ。ただ単価は低めに設定したので、売上的にはやや落ちました。でも、今のところは、自分が楽しませてもらった本、お世話になった本を見ていただいて、出会いや発見があったらいいなと思って参加しているので、そのへんはあまりこだわってないです。ある本をお買い上げいただいたお客さんに「この本はもっと高くてもいいですよ」と言われたりして、少しはそういうことも考えてやらないといかんのだろうか?素人じゃいかんのだろうか?と思ったりもしましたが、まあ、まだら箪笥的には引き続きこのスタンスで行くことでしょう(次回参加するかどうかはわからないけど)。

しかし、わたしって本のことになると本当にお喋りになるよね!と再認識しました。今回一番印象深かったのは、黒岩比佐子さんの「伝書鳩」(文春新書)をお買い上げいただいたお客様と両隣の店主さんも巻き込んだ伝書鳩トークが盛り上がり、伝書鳩が今見直されているらしいこと、谷中ゆかりの画家である故・有元利夫氏も少年時代鳩を飼っていたことなどを伺い、伝書鳩侮れんと思いましたです。

翌日は旅立っていった本の分、空いた本棚を掃除して整理し、箱にとどまった本たちを納めました。まだここにいたいのね、よしよし。
ちなみに今回、最もたくさんの手に取られながらも結局旅立たなかった本は「思考都市 坂口恭平Drawings 1999−2012」でした。また1年わたしが楽しみます。
[PR]



by kuukazoo | 2015-05-06 12:19 | ときどきの本。

猫よけのペットボトルの輪郭でたたずむ水に映るいちにち あるいは岩崎一恵のダンスって何?な今日この頃。写真:松本和幸
by kuukazoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

リンク。

備忘録的twitter
たんなるメモと断片のコレクション
直ダンス!『春の燈』
2008年4月12・13日東中野RAFTにて
セラピストががんになったーカラダ・ココロ・タマシイを巡る旅ー
病というギフトを得たダンスセラピストの体験記録

ライフログ

ときどきの本たち。

ファン

ブログジャンル

画像一覧