日日のきれはし。

通い。

2月の中頃から3月の第1週までダンスのワークショップと公演のために京急の井土ヶ谷まで通った。横浜って劇場以外は観光スポットしか知らない千葉住まいの自分にとっては、全く馴染みのない場所である。京急という路線自体神奈川ローカルでわけわかんない上に特快急行各停で止まる駅違うし羽田空港行きなんてのもあるから大抵どこかで乗り換えないといけなくて、最初は変なとこで降りて無駄な時間をかけてしまい「めんどくせえ」とか思ったりしたけど、そのへんは通ううちに慣れてはきた。だがやはり2時間弱はかかる、それだけの時間をかけて距離を越えていく場所、そこでつくる、そこでしかできないダンスのために、何度もその距離を行っては戻るということ、は、わたしにとってはそれだけで特別というか、非日常なのだった。滞在時間が長ければまた何か違う感覚が生まれたかもしれないが、どこかから来てここにいる自分のあやふやさとかなんかここ空気違うよとか異国どころでないたった電車で2時間弱位の距離にもかかわらず感じていた違和感(と言っていいのかどうか)が、今回の「通い」においては結構大きかった。でも、レジデンス・クリエーションってそういう余所者感大切かもしれないと思う。
[PR]



# by kuukazoo | 2015-03-19 23:19

今週末、ミヌート。

直前ですがお知らせ。
今週末、3月7日(土)、8日(日)、横浜・井土ケ谷のblanclass(ブランクラス)というアートスペースにてダンス作品に参加します。
ダンサー、俳優、言葉によるパフォーマー、音楽家、ほか一般参加者による小宇宙創出の試み。

詳細は
https://www.facebook.com/events/1545670872375276
http://blanclass.com

ご予約はわたしにご連絡いただくか、blanclassまで。

池宮中夫「HerdenohrーMinute(ヘルデンオーア ミヌート)群生する耳ー微小」
7日(土)開場18時 開演19時30分
8日(日)開場13時30分 開演15時
料金:2000円(軽食付き)

場所:blanclass(ブランクラス)
横浜市南区南太田4-12-16-2F
京浜急行「井土ケ谷駅」改札出て正面の信号渡りすぐを左折、1つ目の交差点を右折、2つ目の角を左折、三井のリパーク後ろ「blanclass」看板がある細い段々を上がって右の建物の2階
[PR]



# by kuukazoo | 2015-03-03 02:47 | dance

12_23出演・ICiT 10minutes アンコール+

いよいよ今年も残り少なくなり何かと慌ただしい時期ですが、久しぶりの踊りのお知らせです。わたしを含め9人の小作品(各10分程度)が前売1500円で観られるというお得な企画でございますので、お時間ありましたら、どうぞよろしくお願いいたします。
ご予約やお問い合わせはわたくしにメールのほか、facebookやtwitterのメッセージでも承ります。
以下詳細です。


ICiT(Independent Choreographers in Tokyo) 10minutes アンコール+ vol.2

12月23日(火・祝)19:30開演
会場:RAFT(中野区中野1-4-4)
http://raftweb.info/
「東中野駅」(JR中央線・都営大江戸線)より徒歩13分
「中野坂上駅」(東京メトロ丸の内線)より徒歩10分
前売1500円/当日2000円
小さいスペースですのでご予約いただけると幸いです。

出演者:安芸純香、岩崎一恵、gonyo gonyo house(古林さくら+大根田皓美)、坂藤若菜、Jung mi IM、鶴家一仁、GRILLED BITCH CONTROL、吉福敦子、米田沙織

※今年7月に踊った10分ソロの振付の一部を再利用したり、伊藤比呂美さんの『雪』という詩などをモチーフに使いつつ稽古しておりますが、いったいどこに行くのやら(笑)。あと10日とちょっと。
[PR]



# by kuukazoo | 2014-12-11 00:13 | dance

ドームシティ。

その昔SF少女だった頃、ドームシティというのに憧れて、自分の創作世界によく登場させたものだった。

…ということを書きかけて数ヶ月放置された文書を見つけた。いったいこの後何を書こうとしていたのか皆目見当がつかない。世田谷文学館で「日本SF展」を観たことと何か関係してるのだろうか。あの時はまだ半袖であったように思う。そして今はすでに11月も終わりに近づこうとしている。昨日から雨が続いており、寒い。

最近はポスクロもお休み中で、踊りは続けているけど、作品発表などあまり精力的とは言えず、このブログもずいぶん放置していた。

…とここまで書いてまたしばらく時間が経過してしまい、明日から12月である。11月最後の日曜日、前夜の雨で濡れた道や木々や屋根が、昇る陽の光を受けて輝いているうつくしい朝。

ドームシティとは例えば地球を出て過酷な自然環境の中で危険を遮断して人が生きていくために作られた人工物だが、そこでは生活に潤いを提供するための人工の自然、コントロールされた「天気」、というか空調が備えられている。
でも、昔のSF少女のわたしが憧れていた理由はそういう快適さではなく、いつかはそこを出て行き、過酷な自然と隣り合わせで生きていかねばならないという物語ゆえであったと思う。別に早く大人になりたいとか思ってはなかったはずなのに。

ということが書きたくてこの文章の最初を書き出したわけではなかったと思うが、なんとなくオチつけてみた。
こういう辻褄合わせだけはうまくなったと思う。ホントに。
[PR]



# by kuukazoo | 2014-11-30 08:12

せっせと。

8月はせっせと本を読み、展覧会に通い、少しはダンスも観て、書いたり描いたり。インプットというよりはダイブという感じに近い。踊りたいというよりは、絵でも言葉でもとにかく指を掌をがばっと開いて何か掴み取りたい。
いい歳して全然定まらないのもどうなのよって感じだけど、戦略ゼロ、回り道は今に限ったことじゃないので、仕方ない。

最近は、得体の知れないものが好き。なんじゃこれは!というようなものが。美しく調和のとれたものよりも、歪んでたりざらついてたり過剰なものに惹かれる。
[PR]



# by kuukazoo | 2014-08-26 13:01

秋、立ちました。

まる2か月更新せずでした。7月は義父の一周忌があったりICiT Dance Salon_10minで久々にソロを踊り、いわきフレンズに参加したりで、いっぱいいっぱいの日々。相変わらずのヘタレでビビりなので大したことしてないのにすぐキャパ超え症状をこじらせるのはどうにかならんものかと思うけど、多くの皆さまのおかげでこんなわたくしでも何かの一端を担わせていただけるのだなぁと、感謝です。

さて、暑さきわまる8月となりましたが、すでに暦の上では秋が立っています。その立ち姿。
[PR]



# by kuukazoo | 2014-08-08 13:02 | 日日。

5月のポスクロ報告。

今月はポスクロ来ないなーと思ってたら、昨日今日で
来て、計10通。世界の皆さまありがとう〜。
今月の素敵な切手たち。
f0039843_2253677.jpg

そして今日はドイツから素敵なADカードが届いた!
f0039843_2252626.jpg

[PR]



# by kuukazoo | 2014-05-31 22:53 | postcrossing

郵趣。

5月も後少しで終わり。今月はポスクロがまだ1通だな〜と思ってたら、昨日2通来た。2通ともドイツだった。ドイツからだと大体5日位で届く。中国だとやはり1ヶ月弱位かかって届くのだが、こないだポスクロで中国の方に出す時、英語書きの住所と中国語書きの住所が並記されていたので、思い立って中国語で書いて送ってみたところ、なんと6日で届いた!書いてみるもんだなと思った。

そして、今月は目白の「切手の博物館」の「切手バザール」に初めて出かけてみた。会場に足を一歩踏み入れた途端、切手愛好家の方々のオーラに気圧されてしまうわたしは初心者。しかしここで負けてはいかんと椅子に陣取り目当てのファイルを掴み、目を皿にして切手を探していると、あっという間に時は流れる。今回はポスクロ用の切手が欲しかったので、使用済みの外国切手は見なかったが、見たらハマってしまうのだろうか。実用第一なので、収集とかコレクションにはあまり興味はないんだが。
最近は「切手女子」という層もあるらしい。しかし、そんなカテゴライズより「郵趣」という言葉を初めて知り、なんと好い言葉かと思った。
[PR]



# by kuukazoo | 2014-05-28 00:38 | postcrossing

多謝多謝☆一箱古本市@不忍ブックストリート

4月27日の一箱古本市@不忍ブックストリート、「まだら箪笥」で初出店しましたが、たくさんの方々にお立ち寄り&お買い上げいただいた上、本をきっかけにいろいろなお話をすることができ、おかげさまで楽しい1日でした。これまでは客で来ていたのですが、売る側に回ってみて、また違う面白さを数々発見でき、他では得難い体験をさせていただきました。ありがとうございました。
わたしの関心のあり方のまだら加減がよく表れた、自宅の本棚の縮小版といった感じの箱で、「どっかで見たような感じがすると思ったら、うちの本棚そっくりだわ!」という反応もいただき、うれしかったです。
値段は、基本的にお安く設定しましたが、「本当は売りたくない本」数冊は若干高めに設定しました。「本当は売りたくない本」って何だよ、って感じですが、まあいわゆる女の未練ってやつですよ厄介なんですよわかってください(笑)。しかし、開店して一番最初に売れたのは、その「本当は売りたくない本」の最たるものでしたので、さすがに内心衝撃を禁じ得ませんでしたが、今回の自分の一番のお気に入り本を真っ先にお買い上げいただけたというのは、もしかすると素晴らしいことなのかもしれません。

今回「まだら箪笥」から旅立っていった本たちのリスト。

『ねにもつタイプ』『気になる部分』岸本佐知子
『高山ふとんシネマ』『帰ってからお腹がすいてもいいようにと思ったのだ』高山なおみ
『夜は短し歩けよ乙女』『走れメロス 他4篇』森見登美彦
『がむしゃら1500キロ』『俺様の宝石さ』浮谷東次郎
『f植物園の巣穴』梨木香歩『プラネタリウムのふたご』いしいしんじ『孤独の発明』ポール・オースター『ハイネックの女』小松左京
『もの食う本』木村衣有子『やわらかなレタス』江國沙織『ことばの食卓』武田百合子『今日もごちそうさまでした』角田光代『食物漫遊記』種村季弘『まんがキッチン』福田里香
『プロレタリア文学はものすごい』荒俣宏『短歌という爆弾』穂村弘『採れなかった歌』来嶋靖生
『正しい鉄道デザイン』水戸岡鋭治『鉄道地図は謎だらけ』所澤秀樹
『貧困旅行記』つげ義春『総員玉砕せよ!』水木しげる『ぼくんち』西原理恵子『なのはな』萩尾望都『ダリアの帯』大島弓子『地上はポケットの中の庭』田中相『いつもちこくのおとこのこ』ジョン・バーニンガム『20世紀絵画』宮下誠『80年代アニメ大全』
『整体入門』野口晴哉『骨盤教室』寺門琢己『身体意識を鍛える』高岡英夫
『右翼と左翼はどうちがう?』雨宮処凛『死にたい老人』木谷恭介『放送禁止歌』森達也『東京大学のアルバート・アイラー』菊地成孔・大谷能生
『なつかしい芸人たち』色川武大『やややのはなし』吉行淳之介
『フィンランド語は猫の言葉』稲垣美晴

「まだら箪笥」はこんな箱でしたよ。
f0039843_13345989.jpg

昼過ぎに大学生女子さんが交代に来てくれたので、駆け足で近辺の他の箱さんのみ巡りました。戦利品。
『宇宙船とカヌー』とのうれしい再会。『人はなぜ道に迷うか』は、値引きクイズで正解して割引してもらいました。
f0039843_13353439.jpg

ビレッジプレスさんのポストカード。ポスクロに活用します。
f0039843_13352166.jpg

[PR]



# by kuukazoo | 2014-04-29 13:38 | ときどきの本。

たまにはお知らせ。

すっかりポスクロ報告と化しているこのブログですが、たまにはお知らせをば。
っても、踊りのお知らせじゃなくて、物販のお知らせです。
GW恒例、谷根千エリアを中心としたブックイベント「不忍ブックストリート」の「一箱古本市」に出店いたします。
プロアマ問わず、段ボール箱一箱程度の古本を持ち寄り、何か所かのお店の軒先をお借りして、販売する、というものです。
客としては一昨年あたりから行っており、このブログでも書いたりしてますが、今回初めて売る方に回ります。
4月27日、明日。11時から16時までです。
わたしは、旧安田楠雄邸のお庭の一角を間借りさせていただき、
本は売りますが、踊りません(笑)。
ちなみに、「まだら箪笥」という屋号です。
その名の通り、まだらな品揃えでお待ちしております。
ほかにもたくさんのお店がありますので、谷根千お散歩がてらお立ち寄り下さいませ。
詳細はこちら
[PR]



# by kuukazoo | 2014-04-26 15:54 | ときどきの本。

3月のポスクロ報告。

すっかりポスクロ報告と化している(笑)。
3月に受け取ったポスクロは12通。そして、出したカードも受け取ったカードも100通超えた!3月は初めてもらう国(アイルランド、シンガポール)、初めて出した国(オーストリア、ルーマニア、タイ)もあり、ポスクロの楽しみが増えた。本に関する素敵なカードが送られてくるのもうれしいなり。
f0039843_14413640.jpg


下の写真。右上は切手たち(ちょっとぼやっとしてますが)。
スキーのはソチオリンピックの記念切手。
その上のはシンガポールから。しぶいおじさん。誰だろう。
一番上はポーランドから。切り株が素敵。
f0039843_1441365.jpg

[PR]



# by kuukazoo | 2014-04-06 14:41 | postcrossing

おそろしきランチタイム。

今月のポスクロの欠乏を嘆いていたら、今週はわわっと4通到着。
ドイツ2通、リトアニア1通、オランダ1通。
リトアニアからのポストカードは、わたしがポスクロのfavoriteに入れているのと同じものだったので、受け取った時はびっくりした。もちろん、うれしい!
それがこれ。
f0039843_044577.jpg

Charles C.EBBETS/Lunchtime atop a Skyscraper,New York 1932
ランチタイム!?消化に悪いどころか、とても喉を通らないよ。
あと、ドイツからの鳥の絵のカードもfavorite入りにした。
f0039843_051616.jpg


ウクライナの情勢が心配だ。
ウクライナといえば、ポスクロやっていると、「またウクライナ〜?」って思うくらい、かなり高確率で引き当てる国。
わたしも10通送っているし、5通いただいている。
全て1回だけのやり取りだし誰とも特に知り合いというわけでもないが、それでもやはり彼ら彼女らが大丈夫なのか、気になる。一刻も早く平穏が戻ることを、心から祈る。
[PR]



# by kuukazoo | 2014-02-27 00:14 | postcrossing

欠乏。

何が欠乏って、ポスクロが今月はまだ2通しか来てないのですよ・・・
先月は17通も来たのに、この落差。
出す方は着々と先方に届いているらしいのにな。

郵便屋さーん(泣)

先月来たカードから。
素敵な教会。ロシア。
f0039843_2163669.jpg

素敵な扉。ドイツ。
f0039843_2161317.jpg

パンダ。中国。
f0039843_215493.jpg

[PR]



# by kuukazoo | 2014-02-20 02:18 | postcrossing

2014年もポスクロ来たる。

f0039843_9332885.jpg

f0039843_933281.jpg

またポスクロがちょくちょく届くようになった。うれしいなあ。

今年入ってから届いた5枚は、ドイツ、オランダ、フランス、フィンランド、アメリカから。アメリカは何とアラスカからである。「ここはむっちゃ寒い。早く夏が来てほしい」(と英語で書いてある)とのこと…さもあらん。
フランスからのカードは封筒に入ってたのだが、カードだけでなく可愛い花のリボンが入っていて、驚いた。こういうのもあるのね。
[PR]



# by kuukazoo | 2014-01-22 09:33 | postcrossing

郵便欲。

2014年が来て、また年をとりました。
今年もよろしくお願いいたします。

喪中のため年賀状で満たせなかった郵便欲を、ポスクロと寒中見舞いで満たす1月の休日。
ドイツ、中国、アメリカ、オランダ、ウクライナ、ベラルーシ、フィンランド。
ただでさえこころもとない英語がすっかりさびついてしまっている。
受け取る方も昨年末から全然来てないので、さびしい(笑)。
しかし、昨年のGWにポスクロを始めてから、もう70通以上いただき、ほぼ同じ数を送っている。
すごいなあ。
今年も多くのポストカードと切手たちに出会いたいものです。
[PR]



# by kuukazoo | 2014-01-13 14:12 | postcrossing

バックアップ。

2013年も残すところ数日となってしまった。今年はさっぱりブログを更新せず、時たまSNSに思考の断片を放流したりキーの一押しで意見表明した気分になったりしてた一方で、文通欲からポスクロを始め、あまりの英語力の無さに底上げの必要を感じた。そして、ほぼ毎日あれやこれやを記録してきた手帳をこないだ紛失した。自分はやはり書いたり記録したりすることが好きで、この1年いろいろ書いてきたのだけど、手帳にはバックアップというものがないので、どうしようもない。こういう時に備えてブログにもちょっとはまめに記録しておくべきだったか。そういえば今年はMacbookproちゃんのHDも突然逝ってしまい、こちらもちゃんとバックアップ取ってなかったが、幸いにも先代のibookちゃんにたまたまデータが残ってたので多少は救われた。
どんなに小さな、個人的なものであっても、記録とは未来のためのものなのだなぁと思う。
[PR]



# by kuukazoo | 2013-12-26 12:48 | 日日。

糸をつなぐ。

9月10月は2つの公演が連続し、多くの方々に支えられて無事踊ることができました。本当にありがとうございました。
大変だったねと言われるけど、わたしより大変だった人はたくさんいるし、むしろ自分のやるべきことも果たしきれなくて、そこは申し訳ないと思うと共に心から感謝するしかありません。正直自分のキャパを超える状況だったので、「ここで手ぇ離したら落ちて死ぬ」と思ってついていくのに一生懸命でした。一方で、久しぶりに自分の無能さとキャパ超えに直面して逃げ腰になる弱さと両方突きつけられて、あぁ自分は所詮この程度なのかと思い知りました。たぶんそのことを予感していたのか、今回はいろんな意味で正念場なのかなと感じていました。これが終わった後ダンスが嫌になっているか、まだ続けたいと思っているか。嫌にはなってないけれど、自分の欲望だけで続けていくには限界があるのかという気がしています。それでもいいのかもしれないけど、今回はそれだけでは超えられないものだったので、もう後戻りできないのかなとも思うけど、やや逃げ腰になっているのも事実。

と、ここまで書いて何日か過ぎました。
日々の経つのはあっという間です。
まぁ答えなんてひょんなことから見つかるかもしれないし、細くても糸をつないでいければいいかなと。
[PR]



# by kuukazoo | 2013-11-16 17:16 | dance

雪崩れ込む明日。

日々の疲れが極まるといろんなおおぼけをやらかす。

封筒の宛名と中身を間違える。
ガスコンロの火を消すの忘れて煮物を焦がす。
出先に着いて荷物を忘れたことに気づくが、電車の中に忘れたのかそもそも家を出る時持って出たのかもわからない。

幸いにしてどれもおおごとにはいたらずにすんだけど、全く冷や汗ものである。

これまでは何とか辻褄を合わせることができてたけど、最近はそれもできずに明日へ雪崩れ込んでいる。
[PR]



# by kuukazoo | 2013-09-27 19:05 | 日日。

彼岸ですよ。

9月に入って多忙を極めているうち、あっという間に彼岸が過ぎてしまった。義父の四十九日法要で岡山に帰省した翌週末は、ノマド~sの熊谷さんによるいわき支援プロジェクト「いわきフレンズ」のワークショップとコンサートのためいわきへ行き、帰ってきたら休む間もなく10月末ノマド~s公演@横浜のリハの日々に突入。
ヘタレでビビりで怠け者な自分の尻を叩きまくらないと前に進めません。
普段はあまり食べない唐揚げ食べてがんばります。
[PR]



# by kuukazoo | 2013-09-23 21:41 | dance

八の月。

f0039843_9532991.jpg

f0039843_9532919.jpg

写真はポスクロで届いたクラスノヤルスクからのカードと切手。
シベリアのど真ん中というから、どんなとこかと調べてみたら、意外にも古くから栄えている都市らしい。ポスクロやってなかったら知ることもなかっただろう。

酷暑の中、お盆も過ぎて8月も後半。早い。
相変わらずエアコンのない我が家だが、なんとかこの夏もしのげそうな感じではある。しかし、こんな異常な暑さが来年も続くなら、さすがにちょっと考えてしまう。
暑さもあるのか、日々疲れがひどくて毎晩ぶっ倒れてしまっており、深夜目が覚めてその日の帳尻を何とか合わせているという有り様である。とても明日を迎えるどころでなく、明日になだれ込んでいるといった方が近い。
どうにかせねば。
ということで、最近ドーピングに走っている。いや、ドラッグストアで疲労回復サプリメントを買って飲んでるだけだけど。
プラシーボかもしれないが、何となく、多少、楽になったような気もする。
疲れがとれないまま稽古とかしても、ちゃんと体を使えないし、余計疲れがたまって悪循環になるから、ほどほどを保つことがだいじなのね。

最近このブログも全然更新してない。何か書きかけては挫折、を繰り返してる。SNSにはつまみ食いのようにちょこちょこ書いてはいるけど、ここには多分違うことを書きたくて来てるんだろうなと思う。しかし何かはわからない。

義父が亡くなって今日でもうひと月だ。
[PR]



# by kuukazoo | 2013-08-23 09:53 | postcrossing

猫よけのペットボトルの輪郭でたたずむ水に映るいちにち あるいは岩崎一恵のダンスって何?な今日この頃。写真:松本和幸
by kuukazoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

リンク。

備忘録的twitter
たんなるメモと断片のコレクション
直ダンス!『春の燈』
2008年4月12・13日東中野RAFTにて
セラピストががんになったーカラダ・ココロ・タマシイを巡る旅ー
病というギフトを得たダンスセラピストの体験記録

ライフログ

ときどきの本たち。

ファン

ブログジャンル

画像一覧