日日のきれはし。

pure play

10日ぶりです。
セッションハウスレジデンスアーティスト高野美和子公演『pure play』1日目終了しました。
火曜の夜のリハを終えたあたりからいつもの左膝が痛みだし(本番前はいつもここにくるのだ)、翌日慌てて治療院へ走りました。おかげで痛みは治まり無事に昨日の初日を迎えることができましたが、今朝起きたら腰が強張ってます。しかも雨だし。というか、歳なのかもねやっぱり。二十代の頃は一晩寝たら取れてた疲れも今はなかなかそういうわけにはいかないみたい。
でも弱音は吐いていられません。今日一日がんばるぞ。
[PR]



# by kuukazoo | 2006-02-26 09:54 | dance

流星の夢。

昨日の日記は書きながら眠っていたらしいです。
あんまり眠かったので着替えもせずにふとんにもぐってしまいました。かろうじて歯みがきは済ませましたが。しかし、せっかく眠っても、これではあまりすっきりはしません。何だか体中がじめっとしてて、スイッチが入るのが遅い!って感じです。

普段の睡眠時間が4−5時間くらいと、短時間で深く眠っているので、夢もまったく見ない状態なのですが、昨日はそれより少したくさん眠れたので、夢を見ました。たまに夢を見るとちょっとうれしいです。どんな夢かというと、流星が、これでもか、というくらいいくつも空をびゅんびゅん流れていく夢。うーむ。サービスがいいのか?願いごとをするのも忘れて、いくつも同時にびゅんびゅん流れていくそのさまをただ見ていました。何か意味があるのでしょうか。
[PR]



# by kuukazoo | 2006-02-15 02:05 | 日日。

満月。

満月です。満月を見ているとおなかが空くのです。

それはおいといて、高野美和子さん作品の本番まであと2週間足らずとなりました。
もうほぼ連日のリハーサルです。
トリノオリンピックどころじゃありません。
今日はひさびさにリハがなく、おうちでゆっくり夕ご飯を食べました。
リハ中はどうしてもコンビニ食に頼りがちですが、年齢のせいかすぐ体に影響がきてしまいます(口内炎ができたり肌が荒れたり)。そして慢性的な寝不足。少し気が緩むと睡魔がどどっと(沈没)。
[PR]



# by kuukazoo | 2006-02-13 23:56 | 日日。

ダッチロール。

風が冷たく吹きつける立春の土曜日、なぜかお掃除モードにスイッチが入り、床や窓を拭いたり、靴を洗ったり、お風呂場のカビ取りをしたりと、かなり部分的に突っ込んでがしがしやってました。でも、気づいてなくて放置したまんまの箇所(あまり考えたくない)については、妖精さんが寝ている間にキレイにしてくれないかなー?と、すっかり現実逃避。それにしても、ここ数日の寒波はきついです。予報によれば今夜遅く雪が降るとか降らないとか。明日の朝がどきどきです。しかし眠い。キーボードに手を置きつつダッチロール状態。やばいです。寝ます。ばた。
[PR]



# by kuukazoo | 2006-02-06 23:25 | 日日。

まめをくう。

節分というと、『おにたのぼうし』とか『ないた赤おに』とか、鬼というだけで人間からきらわれてかなしいおもいをする、ちょっとかわいそうな鬼のはなしをつい思い出してしまい、「鬼は外〜!」と盛り上がれないのがつらいとこであります。そんなわけで、豆は撒くよりも多く口へと放り込まれるのでした。年の数なんて知ったこっちゃありません。それにしても風の強いこと。
[PR]



# by kuukazoo | 2006-02-03 23:59 | 日日。

如月です。

リハーサルやらでばたばたしていて、気づいたら2月になっていました。ぎゃ。

1月28日(土):
思い出すと今でも口惜しさにのたうちまわりそうになるので語りたくないのですが、自分の迂闊さゆえに何も得られなかったという体験を得た日。さらにブックオフ某店で久々に本を物色していたら、ひそかに目をつけていた本を他の人に買われてしまったというおまけつき。見つけた時はそうでもなかったのに、他の人にさらっていかれるともうむしょうに口惜しくなってしまう。それがたかだか数百円の文庫本でもです。まあ、よくあることですけどね。人間がちいさいですね。しょぼん。

1月29日(日):
C.I.co.のWSを受けに午後森下スタジオへ。リハーサル中だったレニ・バッソの野沢英代さんに偶然再会。一昨年の夏のイオアンナの作品でご一緒して以来です。さらに去年ラボ20でお世話になった照明の木藤さんにもお会いできて嬉し。夜は高野美和子さんのリハ。

1月30日(月):
1月から、高野美和子さんのリハ以外にも、グループで踊ったり動きをつくったりする作業をしている。他の人の動きを見たり一緒に動いたりつくったりするのは刺激的で、ソロを作るのとはまた違ったおもしろさがある。いろいろ吸収していきたいと思う。

2月1日(水):
雨。夕方、駅から家まで歩くだけでもう膝下がずぶ濡れ。遅い夕食を作っていたら地震が来た。フライパンを振りながら、妙にくらくらするな〜とか思っていたんだけど、揺れてたんですね。
食後、小5女子に算数を教える。%とか割合の分野。○%増しとか○割引きとかが絡む問題がわからないらしい。わたしもあんまり得意じゃなかったなあ。

2月2日(木):
先日、職場の室温が25℃超だったので怒りのあまりエアコンの設定温度をだーっと下げてやった。でも誰も何も言わないし、数日経った今日も、設定温度はわたしが下げた時のままである。こんなに温度が違うのに、ここの人たちはなんにも気づかないのだろうか?あと2℃くらい下げてやろうかと思っている。
[PR]



# by kuukazoo | 2006-02-03 00:39 | 日日。

めかぶ。

今週末は友人知人の出演するダンスや演劇公演が目白押し状態なのだが、2月公演のリハーサルがそろそろ本格化してきてるのと、わたしがリハで家を空ける夜以外は家人が自分の仕事の関係で夜遅いため家にいなければならず、気がつくとなんかどれも観に行けないというスケジュールになってしまった・・・残念。ご案内下さった皆さま、申し訳ありません。がんばってください。また何かある時はお知らせ下さいませ。あーホントに残念・・・残念・・・ざんねん・・・

と、残念さで意気消沈したあまり、めかぶがまだ冷蔵庫に3パック入っていることをすっかり失念して、また4パックも買ってきてしまいました。めかぶは小5女子の好物で、毎日欠かさず1パック食べているからまあいいかと思ったら、なんと賞味期限まであと4日・・・げ。

わたしも夏はめかぶを毎日食べてたのだけど、なぜか冬はあまり食べる気がしません。そもそもめかぶだけ食べるのはあんまり好きじゃなくて、もっぱらオクラと豆腐とか山芋千切りとかを混ぜていたのですが、やはりこれは夏の一品でしょう。というわけで、削り節でだしをとり長葱とえのき茸と蕪と豆腐を煮て醤油と塩と酒と生姜で味付けしたスープにめかぶをぶちこんで食べました。蕪がほどよく煮くずれてとろとろしておいしいし、あったまります。けんちん汁とかうどんに入れてもおいしいのかもしれない。これでどうにか7パックのめかぶを4日で消費できそうな気になってきました。と、残念さの中のささやかな喜び。
[PR]



# by kuukazoo | 2006-01-28 02:02 | 日日。

乾いて候。

油断してマスクをはずしていたら、職場の乾燥した空気にあやうく喉をやられかける。去年からユニ・チャームの超立体マスクを愛用していて、自宅と職場に1箱ずつ常備している。自宅はともかく、職場はエアコンの効き過ぎで乾燥しまくっていて、もう、顔の皮膚なんかつっぱってきてしょうがないし、目薬にハンドクリームにリップクリームにのど飴は欠かせないし、腕とかもかさかさでかゆくなっちゃって思わず袖をまくったりしてしまってるのだけど、そんなありさまなのはどうもわたしだけみたいで、他の人たちは全然平気そうなのである。机にミネラルウォーターの1.5Lボトルをでんと置いてがぶがぶ飲んでいるのも、花粉症でもないのに顔の半分を覆うマスクしているのもわたしだけである。げほげほ咳してるにもかかわらずマスクをしない人から身を守るため、なんともないわたしがマスクをせざるを得ないのである。不条理。冬だろうが夏だろうがエアコンなんて嫌いだ。諸悪の根源。

そしてわたしは自宅で湯たんぽに癒されるのでした。湯たんぽのあたたかさというのは、火や電気や猫とも違う、湿り気を帯びたあたたかさなので、皮膚にじんわりしみとおる感じなのです。はあ〜。
[PR]



# by kuukazoo | 2006-01-25 23:59 | 日日。

雪の翌日。

雪の降った翌日、凍った道をころばないようにころばないように歩く。家から駅までの道は坂が多くて、歩きの切り替えがなかなかむずかしい。昼間、鳥が何羽も柿の木にとまって実をついばんでいる。昨日は1日何も食べなかったのかなあ。みんなどこで雪を避けていたんだろう。とか思いながら眺めていると、危機を感じたのか次々にばさばさ飛び去っていった。せっかくのお食事のじゃまをしたようで、なんか申し訳ない気分になる。

午後はコンタクトインプロのジャムへ。
今日は動けないかもと思ったけど、誰かが一緒に動いてくれると動けたりして、わたしってなんて単純。というか、1人で動いている時だって決して1人で動けているわけじゃないのにね。大切なこと。いつも忘れてしまうのだけど。
[PR]



# by kuukazoo | 2006-01-22 23:09 | 日日。

雪の日。

朝起きて窓を開けたら、もうすっかり雪が積もっていました。その上にまた際限なく雪は降り雪は降り・・・窓を開けっぱなしでずーっと見ていたくなってしまう風景ですが、ほどなく寒さに音を上げて灯油ストーブにはりつくわたし。関東はこの冬はじめての雪だ。こういう日に限って、出かける用事とかあったりする。今日はセンター試験だっていうし、受験生は大変だろう。

めいっぱい厚着してお昼前に家を出て夕方6時頃戻る。厚着と積雪のせいで動きが鈍い。自分だけでなく、ふだんせかせか動いているものも雪の日はすこしスピードを緩めるから、ちょっと変な感じ。何を考えたか今まで買ったことのないキムチなど買ってしまった(雪のせい?)。豚バラ肉と炒めようと思ったけど、豆腐や春菊や春雨をぶち込んでスープ仕立てにして食べた。
[PR]



# by kuukazoo | 2006-01-21 23:29 | 日日。

大寒です。

と言われなくても寒いこの頃。光熱費がかさんでしかたありません。それにしても灯油の高いこと。数年前は18L700円台で買えたのに、もう今じゃ倍の値段ですよ。そうは言っても、灯油ストーブはぬくい。エアコンや電熱器にはない暖かさ。やはり火は偉大です。お湯も沸くしお餅も焼ける。

さっそく昨日買った高山なおみさんの『日々ごはん』・1を読んでます。ところで、わたしとしたことが、高山なおみさんを高山みなみさんとずっと勘違いしてました。わたしの頭の中では、高山→みなみ、という回路がすでにできあがってしまっているらしく、本を買ってからもずっと疑ってなかったのだけど、あらためて背表紙を見て間違いに気づいた次第。しかし、高山みなみって『名探偵コナン』の声優さんのお名前じゃんよー。全然ちゃうやん。

『日々ごはん』、良いです。料理研究家なのに、猛烈に肉が食べたくなったからってコンビニの焼き肉弁当買っちゃうとことか、買ってきたコロッケとかとんかつとかかき揚げとかが食卓にのぼっちゃうあたりとか。あと、本が好きで飲んべなとことか。たぶん何度も読み返す本になるだろう。わたしにとっては、伊藤比呂美&枝元なほみ/『なにたべた?』(マガジンハウス)以来のヒットかも。

今日は、ほうれん草と人参の千切りとひじきを軽く油で炒めたのに、水切りした後少しあたためた豆腐を手で崩して混ぜて、ゆず果汁入りのぽん酢醤油をかけたのを出してみたが小5女子はあまり食べず。
[PR]



# by kuukazoo | 2006-01-20 22:34 | 日日。

低空飛行。

昨年末あたりから、どうも心身共に低空飛行で、今ひとつぴりっとしない日々です。もう1月も半ば過ぎ、そろそろ顔を上げていきたいところなのですが・・・口内炎は痛いし、体もなんだか鈍重というか、代謝が不活発というか、食欲もなくてあまり食べていないのに体の重たさが抜けない感じだし、ひょんなことから子宮頸部にポリープなんて見つかっちゃうし(見つかったその場で切除してもらい、100%良性だから心配ないとは言われたけど、あんまりいい感じはしない)、どうにも体が(心も)すがすがしくありません。外を歩けば人やものにぶつかるし。気持ちは進もう進もうとしているのに、体は停滞ぎみ。だから余計に重たく感じられるのでしょう。今だいじなことは、そういう体に苛立たったりせず、ゆっくり向かい合って体の言うことを聞いてやることなのかもしれません。あせらない。

今日買った本:
高山なおみ/『日々ごはん』・1 アノニマ・スタジオ
今日読み終えた本:
石毛直道・森枝卓士/『考える胃袋』 集英社新書
今日の夕食:
ほっけの干物(小5女子)
アボガドとまぐろ中落ちのわさび醤油がけ(わたし)
豚汁 
ほうれん草ともやしの胡麻和え(小5女子はあまり食べなかった)
[PR]



# by kuukazoo | 2006-01-19 23:59 | 日日。

日日のきれはし。blogはじめました。

今まで竪穴式住居に住んでいたのが、いきなり新しくていろいろ便利なものがたくさんついてるマンションに引っ越してきたような気分です。それなりに楽しいです。でも書いていることは相も変わらずどうでもいいようなことばっかりだったりします。どうぞよろしく。
[PR]



# by kuukazoo | 2006-01-12 00:53 | あいさつ

猫よけのペットボトルの輪郭でたたずむ水に映るいちにち あるいは岩崎一恵のダンスって何?な今日この頃。写真:松本和幸
by kuukazoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

リンク。

備忘録的twitter
たんなるメモと断片のコレクション
直ダンス!『春の燈』
2008年4月12・13日東中野RAFTにて
セラピストががんになったーカラダ・ココロ・タマシイを巡る旅ー
病というギフトを得たダンスセラピストの体験記録

ライフログ

ときどきの本たち。

ファン

ブログジャンル

画像一覧